東京都区市町村)|埼玉県市町村)|
国税庁税務署一覧)|法務局一覧)|
裁判所裁判所一覧)|公証役場一覧
陸運支局一覧法テラス
成年後見センター
 
 
 

行政書士オフィスぽらいと
埼玉県上尾市仲町1-5-10 京屋ビル2F
TEL 048-782-8236 / FAX 048-782-8235

【対応地域】埼玉県
さいたま市、川越市、熊谷市、川口市
行田市、秩父市、所沢市、飯能市
加須市、本庄市、東松山市、春日部市
狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市
上尾市、草加市、越谷市、蕨市
戸田市、入間市、鳩ヶ谷市、朝霞市
志木市、和光市、新座市、久喜市
北本市、八潮市、富士見市、三郷市
蓮田市、坂戸市、幸手市、日高市
吉川市、ふじみ野市、伊奈町、三芳町
毛呂山町、滑川町、嵐山町、小川町
川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町
横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町
三里町、神川町、上里町、寄居町
宮代町、白岡町、杉戸町、松伏町
その他の埼玉県内の地域
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FXを数値で比較
 
「法定相続人・法定相続分」
 
「いったい、だれが相続人になれるの?」
「私は遺産を相続することができるの?」
「私、いくらもらえるの?」

 
相続について考えたことがある人なら
だれでも気になりますよね。
 
それでは、だれが相続人になれるのかを
順を追って説明していきます。
 
血のつながりがあれば、だれでも相続人に
なれるわけではありません。
遺産を相続できる人は、法律で決められているのです。
 
あなたは、故人からみてどのような関係ですか?
 
あなたが故人の配偶者であれば、相続人となります。
配偶者以外の人は、相続人になれる順位が決まっているのです。
 
次の図を見てもらえれば、
あなたが相続人になれるかどうかがわかります。
 
図の青色の枠の人は、
相続人となる可能性があります。
緑色の枠の人は、残念ながら相続人になることができません。
 

 
ただし、青色の枠の人がすべて相続人に
なれるわけではありません。
 
配偶者と共に相続できる人の順位は次のとおりです。
 
 第一順位 子(孫、曾孫、・・・など)
 第二順位 父母(祖父母など)
 第三順位 兄弟姉妹(甥・姪)
 
「順位」って何?
 
はい、それでは順位がどのような意味なのかを説明します。
 
 第一順位 :故人に子(孫、曾孫など)がいる場合
         配偶者(孫、曾孫など)が相続人
         となります。
   V
 
 第二順位 :故人に子(孫、曾孫など)がいない場合
         配偶者父母(祖父母など)が相続人
         となります。
   V
   
 第三順位 :故人に子(孫、曾孫など)も父母(祖父母
         など)もいない場合
         配偶者兄弟姉妹(場合によって甥・姪)
         が相続人となります。
 
どうですか、あなたは相続人にあたりますか?
 
自分が相続人だとわかれば、次に気になるのが
「いったい、私はいくらもらえるのだろうか?」
ということではないでしょうか。
 
それでは、あなたの相続分を見ていきましょう。
 
法律で決められた取り分のことを「法定相続分」
いいます。
 
相続分は、だれが相続人となるのかによって違ってきますし
相続人の人数によっても変わってきます。
 
 
 ①配偶者と子が相続人の場合
 
  配偶者が遺産の1/2を、子が1/2を相続します。
  もし、子が複数人いるときは、遺産の1/2をさらに
  子の人数で分けます。
  
  たとえば、
  遺産が3,000万円で配偶者の他に子が2人いた
  とします。
 
  配偶者は、遺産の1/2を相続するので、
  3000万円×1/2 = 1,500万円となります。
 
  そして、残りの1,500万円が子の相続分となります。
  子が2人なので、1,500万円を2人で分けます。
  よって、子1人あたりの相続分は、
  1,500万円×1/2 = 750万円となります。
 
 
 ②配偶者と父母が相続人の場合
 
  配偶者が遺産の2/3を、父母が1/3を相続します。
  両親が2人とも健在のときは、遺産の1/3をさらに
  2人で分けます。
 
  たとえば、
  遺産が3,000万円で配偶者の他に両親2人ともが
  健在でいたとします。
 
  配偶者の相続分は、遺産の2/3を相続するので、
  3000万円×2/3 = 2,000万円となります。
 
  残りの1,000万円が両親の相続分となります。
  両親が2人とも健在であれば、1,000万円を2人で
  分けます。
  よって、親1人あたりの相続分は、
  1,000万円×1/2 = 500万円となります。 
 
 
 ③配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合
 
  配偶者が遺産の3/4を、兄弟姉妹が1/4を相続
  します。
  兄弟姉妹が数人いるときは、遺産の1/4をさらに
  人数で分けます。
 
  たとえば、
  遺産が2,000万円で配偶者の他に兄弟姉妹が
  2人いたとします。
 
  配偶者の相続分は、遺産の3/4を相続するので、
  2000万円×3/4 = 1,500万円となります。
 
  そして、残りの500万円が兄弟姉妹の相続分となり
  ます。
  兄弟姉妹が2人であれば、500万円をさらに2人で
  分けます。
  よって、兄弟姉妹1人あたりの相続分は、
  500万円×1/2 = 250万円となります。
 
 今回例に挙げたのは、一般的なケースです。
 場合によっては、相続人の人数が多くなり
 とても複雑な計算になることもあります。 
 
トップページ料金表事務所案内お見積もり