東京都区市町村)|埼玉県市町村)|
国税庁税務署一覧)|法務局一覧)|
裁判所裁判所一覧)|公証役場一覧
陸運支局一覧法テラス
成年後見センター
 
 
 

行政書士オフィスぽらいと
埼玉県上尾市仲町1-5-10 京屋ビル2F
TEL 048-782-8236 / FAX 048-782-8235

【対応地域】埼玉県
さいたま市、川越市、熊谷市、川口市
行田市、秩父市、所沢市、飯能市
加須市、本庄市、東松山市、春日部市
狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市
上尾市、草加市、越谷市、蕨市
戸田市、入間市、鳩ヶ谷市、朝霞市
志木市、和光市、新座市、久喜市
北本市、八潮市、富士見市、三郷市
蓮田市、坂戸市、幸手市、日高市
吉川市、ふじみ野市、伊奈町、三芳町
毛呂山町、滑川町、嵐山町、小川町
川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町
横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町
三里町、神川町、上里町、寄居町
宮代町、白岡町、杉戸町、松伏町
その他の埼玉県内の地域
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FXを数値で比較
 
「特別受益」 遺産の前払い!?
 
「お金」や「土地」をもらっていませんか?
 
故人から生前に贈与されたお金や不動産のことを
「特別受益(とくべつじゅえき)」といいます。
 
ただし、故人からもらったモノが
すべて特別受益になるわけではありません。
 
特別受益にあたるのは、次のような場合です。
 
 ①婚姻、養子縁組のために受けた贈与
   婚礼道具や持参金、支度金など。
   ※結納金、挙式費用などは原則として特別受益に
    なりません。(他の兄弟はもらっていないような
    場合には、特別受益にあたる可能性もあります。)
 
 ②生計の資本として受けた贈与
   住宅購入費用、不動産、営業資金、大学の学費、
   留学費用など。
 
 ③遺言書で特定の人に贈与するとされたもの
  
 ④状況によっては生命保険や死亡退職金など
 
 
故人から生前にもらったものは、
「相続財産の前渡し」ということになります。
 
財産の一部をほかの相続人よりも先に
もらっているのだから、相続人の間で
不公平にならないように遺産を分けるときに
その分を戻して考えようというのが特別受益です。
 
 
特別受益があるときの計算は、次のようになります。
 
※計算式-1
 (相続財産+各相続人の特別受益の総額)×相続分
 -各相続人の特別受益の金額
 
 ここで、計算結果が0円やマイナスになる人は
 相続分無しということになります。
 マイナスになる人が出てくると、特別受益を
 受けていない相続人は、自分の相続分が
 減ってしまうこともありますが、減った分を
 特別受益を受けている相続人に請求することは
 できません。
 
それでは、実際に特別受益がある場合の計算を
してみましょう。
 
たとえば、相続財産が1,000万円、相続人は
子供3人だとします。
 
 ・長男は、事業資金として1,000万円の援助を
  してもらいました。
 ・次男は、大学の学費を400万円支払ってもらいました。
 ・三男は、親からの援助を受けていません。
 
さて、この場合の遺産分割はどうなるのでしょうか?
 
生前に贈与された財産を、遺産の額に戻して
相続分を計算します。
ここで、遺産に戻すときの価額は、贈与があった時の
価額ではなくて、「相続時の時価」で持ち戻します。
 
たとえば、贈与当時1,000万円だった不動産が
相続時に2,000万円になっていた場合は
その価額で持ち戻します。
 
 
さきほどの、※計算式-1を使って計算してみます。
 
 ・長男の相続分(計算上の相続分)
  (1,000万円+1,000万円+400万円)×1/3
  -1,000万円=-200万円 (よって、相続分は無し)
 
 ・次男の相続分(計算上の相続分)
  (1,000万円+1,000万円+400万円)×1/3
  -400万円=400万円
 
 ・三男の相続分(計算上の相続分)
  (1,000万円+1,000万円+400万円)×1/3
  -0円=800万円
 
となりますが・・・。
 
計算上は、1,200万円の財産がないと分けることが
できません。
しかし、実際には、相続財産が1,000万円しかありません。
どうやって分ければ良いのでしょう?
 
長男に請求したいところですが、ここでは足りない分の
金額と、次男と三男の相続分の金額との比率で分配
します。
 
実際の相続分の計算は、次のようになります。
 
※計算式-2
実際の相続分=相続財産×(計算上の相続分/計算上必要な財産)
 
それでは、※計算式-2を使って計算してみましょう。
 
 ・次男の実際の相続分
  1,000万円×(400万円/1,200万円) = 333万円
 
 ・三男の実際の相続分
  1,000万円×(800万円/1,200万円) = 667万円
 
 ・長男の実際の相続分 無し
 
これで、相続財産を3人で分けたことになります。
 
この計算は、必ずこうしなければいけないというものでは
ありません。
話し合いで、長男が足りない分を支払っても良いですし
足りないぶんを次男と三男で話し合って決めても
良いのです。
 
また、特別受益にあたるような贈与があったとしても
故人が遺言や生前に、
「相続のときは、財産に戻さなくてもいいよ。」
という意思を表している場合は
故人の意思を優先します。
 
特別受益が問題で話し合いがまとまらないときは、
家庭裁判所に遺産分割の調停を申し込むこともできます。
 
トップページ料金表事務所案内お見積もり