東京都区市町村)|埼玉県市町村)|
国税庁税務署一覧)|法務局一覧)|
裁判所裁判所一覧)|公証役場一覧
陸運支局一覧法テラス
成年後見センター
 
 
 

行政書士オフィスぽらいと
埼玉県上尾市仲町1-5-10 京屋ビル2F
TEL 048-782-8236 / FAX 048-782-8235

【対応地域】埼玉県
さいたま市、川越市、熊谷市、川口市
行田市、秩父市、所沢市、飯能市
加須市、本庄市、東松山市、春日部市
狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市
上尾市、草加市、越谷市、蕨市
戸田市、入間市、鳩ヶ谷市、朝霞市
志木市、和光市、新座市、久喜市
北本市、八潮市、富士見市、三郷市
蓮田市、坂戸市、幸手市、日高市
吉川市、ふじみ野市、伊奈町、三芳町
毛呂山町、滑川町、嵐山町、小川町
川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町
横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町
三里町、神川町、上里町、寄居町
宮代町、白岡町、杉戸町、松伏町
その他の埼玉県内の地域
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FXを数値で比較
 
「もしも、相続人が行方不明だったら?」
 
『相続人と連絡がとれない・・・・
 どこにいるのかも分からないし・・・
 生きているのかも分からない。』

 
たとえ、相続人の中に
行方が分からない人がいる場合でも
遺産分割の話し合いや相続手続は、
相続人全員で行なわなければいけません。
 
では、一人でも行方不明の相続人が
がいる場合は、どうすれば良いのでしょうか。
 
そんな時は、次の2つの方法があります。
 
①失踪宣告の申立て
②不在者の財産管理人選任の申立て
 
どちらも家庭裁判所での手続が必要になります。
それでは、2つの手続をみていきましょう。
 
①失踪宣告の申立て
失踪宣告は、行方不明になってから
7年以上経過していないと申し立てることが
できません。
震災や事故などで、生死が分からなくなった場合は
1年間と短くなります。
 
申立てをすると、家庭裁判所は
申立て内容について審理し、
官報などに6ヶ月以上の期間、
公示(お知らせ)します。
震災や事故などの場合は、
2ヶ月以上です。
 
公示期間中に、行方不明者が
名乗り出てこなければ、
失踪宣告の審判が確定します。
 
審判確定のあと、申立てをした人は
行方不明者の本籍地または
住民登録している市区町村に対して、
失踪宣告の届出を行ないます。
 
失踪宣告は、
行方不明者を死亡したもの
として扱います。
 
【失踪宣告のメリット】
 ・家庭裁判所での手続きが1度で終わる。
 ・権利関係がすっきりする。
 
【失踪宣告のデメリット】
 ・代襲相続人または行方不明者の相続人と
  遺産分割するので、争いになったり
  協力してもらえない場合がある。
 ・6ヶ月以上の公示期間が必要となっており、
  家庭裁判所での審理や調査期間なども含めると、
  実質1年~1年半程度かかる。
  震災や事故などの場合は、もう少し短い。
 
②不在者の財産管理人選任の申立て
行方不明(不在)になっている相続人の
財産を管理する人(財産管理人)を
家庭裁判所で決めてもらう手続です。
 
財産管理人の仕事は、
不在者が帰ってくるまで
不在者の財産を管理することです。
家庭裁判所の許可をもらうことで
不在者の代わりに、遺産分割協議に
参加することが出来ます。
 
遺産分割協議で不在者の相続分が決まったら
財産管理人が、不在者の相続分を管理します。
 
【財産管理人選任のメリット】
 ・失踪期間7年を満たしていない場合でも、
  財産管理人を置くことで、相続手続を
  終わらせることができる。
 ・失踪宣告よりも早く手続きができる。
 
【財産管理人選任のデメリット】
 ・不在者が帰ってくるまで、財産管理人は
  不在者の財産を管理し、家庭裁判所へ
  報告しなければいけません。
 ・失踪期間7年を満たしたときに、失踪宣告の
  申立てを行なう場合は、二度手間になって
  しまいます。
 ・財産管理人になった人は、事務的な負担と
  いつまでも相続手続きが終わらないような
  精神的な負担があります。
 
 
いくら家庭裁判所で手続ができるとはいえ
ただ、住所を知らないという理由や
長い間連絡を取っていないという理由だけでは、
「行方不明」とはいえません。
 
 「まずは、行方不明の相続人が、住民登録を
  している住所地に住んでいるかどうかを
  調べてみましょう!」

 
行方不明者の住所地を調べるために
故人の「戸籍謄本」とを取得します。
その戸籍謄本から行方不明になっている
相続人が生存しているかを確認しましょう。
 
生存が確認できましたら、
住所を確認するために「戸籍の附票」を
取得します。
戸籍の附票には、住民登録されている
住所地が記載されています。
 
行方不明者の住所と生存が確認できたら
手紙を送るなどして、連絡を取りたい旨を
伝えてみましょう。
 
手紙は配達証明郵便などを使ったほうが
良いでしょう。
受取人が不在で手紙が戻ってくるようなら、
その住所に住んでいない可能性もあります。
 
一度、現地に出向いて、本当にその住所地に
住んでいないかどうかを確認してみましょう。
住民登録の住所地に住んでいなのであれば
行方不明と言えるでしょう。
 
まずはご自分で調べてみて、
本当に相続人が行方不明であれば
家庭裁判所の手続に移りましょう。
  
 
トップページ料金表事務所案内お見積もり